横山製薬について 企業理念や会社概要、沿革など横山製薬に関する情報をご紹介しています。

横山製薬の歩み

明治33年 1900 明石市にて医薬品製造販売業を始める。
骨髄炎、リューマチ、脊髄炎の「天豹薬」「狼獣剤」を発売。
明治36年 1903 ナマズ良薬「ピオチオール」を発売。
大正8年 1919 社名を横山製薬と改める。同時に「イボコロリ」の製造販売を始める。
昭和21年 1946 「イボコロリ」の医薬品製造承認を受け、一瓶4円で発売。
水虫薬「ピレポン」、流行性感冒薬「ヨコピリン」も発売。
昭和22年 1947 横山製薬株式会社を設立。
横山長次郎、初代社長に就任。
この頃より、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などで、全国的に広告を展開、
著しい効果をあげる。
昭和40年 1965 新工場を建設。
昭和44年 1969 横山茂、2代目社長に就任。
昭和61年 1986 横山通明、3代目社長に就任。
昭和62年 1987 本社新社屋完成。
昭和63年 1988 「イボコロリ絆創膏」の開発に取り組み、翌年発売。
平成元年 1989 横山慶子、4代目社長に就任。
平成3年 1991 シンボルマーク決定。
平成4年 1992 「イボコロリ」「イボコロリ絆創膏」のパッケージを含め全般的にフレッシュアップ。
製剤工場新築。
平成5年 1993 「ヨクイニン錠」発売。

包装工場、試験室改装。
平成6年 1994 「馬油」を発売。
平成7年1月 1995 阪神・淡路大震災で倉庫、その他の建築物損壊。
平成8年4月 1996 「ウオノメコロリ絆創膏 足うら用」及び「ウオノメコロリ絆創膏 足指用」発売。
     6月 阪神・淡路大震災復旧工事完了。
     9月 東京営業所開設。「ウオノメコロリ」発売。

かゆみ製剤「スキンヘルプクリーム」発売。
     12月 横山晴人、6代目社長に就任。
平成10年9月 1998 「イボコロリ絆創膏・F」(フリーサイズ)発売。
平成11年12月 1999 新本社ビル完成。
平成13年1月 2001 井上雅文、7代目社長に就任。
      3月 「ウオノメパッド」「外反母趾パッド」「靴ずれパッド」発売。
      7月 自動包装機械新設。
      5月 「イボコロリ絆創膏」「ウオノメコロリ絆創膏」パッケージリニューアル。
平成15年4月 2003 「イボコロリ絆創膏 ワンタッチSサイズ・Lサイズ」発売。
平成17年4月 2005 「虫よけリング」「虫よけシール」「虫よけシート」発売。
平成18年4月 2006 「虫よけリング」リニューアル。
      10月 「イボコロリ6mL・10mL」パッケージリニューアル。
平成19年3月 2007 「虫よけリング子供用」発売。
平成20年3月 2008 「ウオノメコロリ絆創膏50 S・M・L」 発売。
      6月 「ジェルマークッションすべり止め用・つま先用・かかと用」発売。
平成21年8月 2009 「カチオンガードマスク」「ウイルスナイパーマスク」発売。
      8月 「新ウオノメパッドシリーズ」パッケージリニューアル。
平成22年12月 2010 西神戸物流センター開設。
平成23年3月 2011 「虫よけリング」「虫よけシール」リニューアル。
「虫よけシール」サンリオキャラクター発売(シナモロール・マイメロディ)
      5月 「虫よけループ」発売。
平成24年4月 2012 「足専ラボ」をシリーズで発売。
      11月 「イボコロリ内服錠」発売。
平成25年10月 2013 「キズコロリ液体絆創膏T」新発売。